簡単査定を使ってバイク買取に出すのですが査定相場は確か?

ネットにある簡単査定や一括査定の査定額というのは、信頼できるものなのでしょうか。

バイク買取事情を含めて、お話ししておきます。

■統計なので査定相場の信頼性は非常に高い。

バイク買取のときに利用するネットの簡単査定は、メーカー名、型式、走行距離など、ごく簡単なポイントに回答を入力していくだけなので、目安でしかありません。

文字通りそれが査定相場の第一ステップです。

統計的にまとめられたデータなので信頼はできます。

ただし実際にはバイク買取のスタッフが自宅に訪問して査定しますので、場合によってはそのときの目安より低くなったり高くなったりします。

■系列やフェアでバイク買取価格に差が出ることも。

バイク買取は、業者によって査定額に差が出ることもあります。

たとえばその車種やメーカーのバイクを集中的に集めているバイク買取店や、フェアなどで高価買取を期間限定で行っている場合です。

バイク買取店によってメーカーなどの系統があるようなので、事前に調べておくと良いでしょう。

あとは購入したバイクの販売店に行って、買取価格を聞いておくのも大切です。

販売店は中古であってもバイクの履歴を知っていますので、その時の提示価格が参考になります。

■ビッグデータの統計を使っているので、バイク買取の際の簡単査定でも相場は信頼できます。

あとは実際の査定に委ねるしかありません。

バイク買取を高値で成功させるために、いろいろな手段を使う人がいますが、バイク買取業者の査定ポイントは決まっているので大差はありません。

あり得るとしたら、先にお話しいたような“系列や買取フェアのタイミング”です。

バイク買取は早期対応がお勧め

バイクは複雑な部品の集合体であり、部品事の価値もありますがその部品は年々消耗していきます。

その為年数が経過するとその都度バイクの価値は落ちていく事になります。

特にモデルチェンジしたタイミングなど値段の下落が大きく、バイク買取価格は基本的に年数が経過する程下落しますので、高額買取をして欲しい場合は売ろうと思った時期に早期売却をするのがお勧めです。

ツーリングが好まれる時期の前など在庫を増やしたい時期にバイク買取は盛んになりますが、この時期まで待って売却をする方が良い、そういった意見もあります。

確かにこの時期は需要が膨らむ前に在庫を確保したい為にバイク買取価格は高くなる傾向にありますが、一定期間以上待つ事になりますし、その間にモデルチェンジされないとは限りません。

またバイクの需要は日々変動をしており、どの店でもバイク買取価格は同じという事ではありません。

早期対応の他に必ず一括査定など複数の店舗に査定をしてもらいましょう。

そうすることでバイクの相場も知る事が出来ますし、より高い方へと売る事が出来ます。

バイクの売却はオークションなど個人間の取引でも可能ですが、トラブル発生のリスクもありますので、あまりお勧めは出来ません。

店に任せるという事は取引の責任もしっかり管理してくれる安心感もあるのです。

バイク買取はどこで任せれば良いかは地元の店と合わせて短期間に一度のチェックしてもらいましょう。

売るのを待つ事で買取価格が下がってしまう場合もありますので、判断を早くする事も大切ですね。

バイク買取とオークション

バイク買取会社はバイク販売の際に中古バイクの仕入れ値に整備、場所代、人件費、宣伝広告費なども含め利益の出る価格設定にして販売しています。

その為バイク買取ではどうしても店の販売価格より安価な額になります。

ただ整備や買いたい人を見つける事は個人では難しい為、今まではバイク買取店に依頼をするしかありませんでしたが、ネットの普及によりオークションでの個人売買が可能になりました。

バイクを売る際の選択肢としてオークションが出たのですが、説明や画像撮影など高く売る為には技術も必要であり、代理出品をする業者もあります。

このオークション価格は買う側にもメリットがあり、店での販売価格と比較し安価な価格で購入する事が出来ます。

現在バイク市場は全国規模での在庫検索が可能になっており、欲しいバイクが見つからないという事は少なくなっています。

レア車などは限定車でなければ多くの台数が販売されていますので、その分中古も見つけやすいのです。

オークションでバイクを売る場合、どちらも自己責任が求められますので、オークションは上級者向けと言っても良いかもしれません。

通常のバイクであればバイク買取で業者に依頼をした方がメリットは大きいです。

ですがレア車や高額なバイクの場合、販売価格と買取価格の差額が大きくなりやすいですので、個人売買の方が有利になりやすい為、一定条件ではオークションを活用した方が良いかもしれません。

オークションサイトで出品があるか、過去の出品の際の落札額など調べて見るとイメージが付きやすいですので、チェックしてみましょう。