純正部品でメンテナンスしておけば、中古バイクでも有利?

純正部品にこだわればバイク買取に有利というのは、中古バイクでも同じでしょうか?どう解釈すべきなのか、お話ししておきます。

■中古バイクは純正にこだわっても履歴がわかりにくい。

新車のバイクを買ってからのメンテナンスは、バイクを買ったときの販売店に行って、純正部品で修理してもらうのがベストです。

しかし中古バイクの場合は、修理の跡や事故痕などがわかりにくいため、すでに純正ではない部品で修復されているケースもあります。

中古バイクでそれまでの履歴が明らかな場合を除いて、純正部品での修理がバイク買取に有利かというと、一概にそうは言えません。

■バイク買取を気にするより購入時のチェックをしっかり。

中古バイクは、バイク買取を気にする以前に、購入時に注意を払いましょう。

具体的に言えば、履歴がはっきりしているバイク、事故のないバイク、改造のないバイク、できるだけ新古品に近いバイクを購入することです。

販売店の担当者にその辺を詳しく聞いて、はっきり答えが返ってくるバイクなら、バイク買取に出すときも安心できます。

純正部品を使って修理しても甲斐があります。

■純正部品だけではなく、クラッチやブレーキにもクセが残っていないか、購入時の大事なポイントです。

多少のクセが残っているからといってバイク買取に差がでるわけではありませんが、これから乗るときにオーナー自身が苦労します。

ストレスのもとになることもあります。

バイク買取を気にするよりも、購入時の中古バイクのチェック法を考えておきましょう。