バイク買取に出すときに、高価買取してもらうにはどんな点が重要?

バイク買取を有利にして高値で買い取ってもらうには、どんなポイントがあるのでしょう。

いくつかお話ししておきます。

■事故、改造の有無が査定にはいちばん響く。

バイク買取には、ネットによる一括査定があり、その後、バイク買取業者が実際にオーナー宅を訪問して査定し、買取ということになります。

ネットの一括査定では、メーカー名、型式、走行距離など簡単な質問項目に答えを入力するだけなので、目安の買取価格ということになります。

実際に訪問してからの査定は、エンジン、ブレーキ、サスペンションの状態、さらに改造やメンテナンス、事故の跡などがチェックされます。

もっとも査定に響くのは、事故と改造です。

■市街地走行でなら距離があっても大丈夫。

そこで、購入時からバイク買取を出す予定があるなら、できるだけ改造をせずに、事故を起こさないよう気をつけて乗ることです。

走行距離を気にする人がいますが、バイク買取では走行距離はそれほど問題になりません。

オフロード走行が多くて、エンジンやサスペンションに異常をきたしているなどの跡がなければ大丈夫です。

市街地走行が日常のバイクなら、それほど大きく査定には響かないでしょう。

■せっかく購入したバイクなのに、バイク買取を意識して乗るのはつまらないことです。

自分なりに楽しんで後は成り行きという選択肢もあります。

バイク買取で高値を狙うといっても、事故・損傷を起こしていなければそれほどの差があるものではありません。

大胆な改造でなければ、自分なりのバイクライフを楽しんだほうが有益かも知れません。

じっくり考えておきましょう。